院外研修

 当院の看護部では、研修後にアンケートを実施し感想を次回の研修テーマ、
 内容へ反映調整しています。
 受講者の関心分野に沿った研修を行い技術・知識を効率よく習得出来るため、看護の質
 向上につながり患者さん中心の看護には欠かせないと考えております。
 また、大阪府看護協会会員者を中心に短期研修を積極的に受講を促し、知識や技術向上を
 めざし常にスキルアップの意識を持つという体制づくりを行っています。

研修参加者の声

  • ★救急看護受講者:障害者病棟勤務★
     看護師としてのキャリアが2年目であり、急変時の対応についてはまだまだ経験が十分でない。 
     現在所属している病棟においても、いつでも急変があり得るため、少しでも技術や知識を深めて
     その時に少しでも対応できるようになるため、今回の研修に参加しました。

  • ★実地指導者研修受講者:一般病棟勤務★ 
     病棟内での新人看護師に対する周りのスタッフの眼差しにも指導者は注意を払い働きかけていくことで 
     学ぶ環境を準備することが出来ると感じました。

看護部 研修参加実績一覧

管理職へのキャリアアップ

 

看護師の管理職には、看護師長、看護部長などがあります。
日本看護協会が、平成4年から、そのような管理職を「看護管理者」と呼んで、
専門的な研修を始めています。
現在、役職や経験に合わせてファースト、セカンド、サードの3段階のレベルに分かれています。

★ファーストレベル(主任レベル) 150時間★     ※8/1付  修了者 5名
 

★セカンドレベル(看護師長レベル)180時間★     ※8/1付  修了者 2名
 

★サードレベル(看護部長レベル) 180時間★     ※8/1付  修了者 1名
 
 当院では、師長・主任・副主任を対象に看護協会の「看護管理者」研修を積極的に受講し、
 さらなるスキルアップを目指しています

 


○○○○○○○○イメージ

 

 

学会について

当院では、他職種との共同で学会へ参加しています。

  • 第56回 全日本病院学会
    ➣テーマ
    胃瘻造設患者における普通食の経口摂取回復に
    向けた食事支援に関する一報告


    <平成26年9月20日・21日>






  • 日本プライマリ・ケア連合学会
    第28回近畿地方会
    ➣テーマ
    胃瘻造設患者に対する口腔機能評価を
    基に取り組んだ食事支援の一症例

    <平成26年11月30日>







 

  • 第22回日本歯科医療福祉学会大会・総会
    ➣テーマ
    胃瘻造設患者に対して取り組んだ食事支援に関する一報告
    -口腔機能評価結果の検討から1年の経過を経て-


    <平成27年6月21日>